又吉 健裕

2013.03.29更新

花粉症を患いました。

沖縄を出て8年余り、やっと垢抜けてきたというものです。

鼻水で眠れない夜が続きますが、
そんな日は大相撲ダイジェストか、
運が良ければ『能』がやってるとスヤスヤいけます。

上記の視聴分だけは、気持ち良くNHKさんに支払って行きます。

春場所は白鵬が優勝したみたいですね。
隠岐の海、応援してたんですが...惜しかったです。

写真は、野川のライトアップされた桜です。
マスクを二重にして、仮面ライダーV3みたいな感じにして行きました。

桜も、横綱級に素敵でした。


投稿者: ANDEW

2013.03.22更新

先日、恒例のSANPOに出掛けました。

今回は区境を越え(いつも越えてますが)、
杉並区界隈を徘徊しました。

気がつけば和田堀公園なる公園へ辿り着いたのですが、

公園は良いです。

木々や池、池や木々など、

東京の煩雑な空気感を一掃してくれます。

そして、そこにあったすべり台が、
な、なんと二股に分かれてました。

当たり前に思う方もいるかもしれませんが、

僕には、
日本人が、カリフォルニアロールと初対面した時の逆輸入感と似た衝撃を味わいました。

思えば、
すべり台って、登って、滑って、飽きたら終了ですよねぇ。

よくもまぁ、そんな単純な遊具でワーキャー言えてたわけですが、、、

しかし、それを雪山に置き換えるとどうでしょうか?

例えば、
スキーで初心者コースをただ、登り、滑って、飽きたら終了。

ここまでは、すべり台と一緒ですが、

初心者コースでもひたすら飽きずに滑っていれば、技術が身につき、中級者コースに挑める。

そしてまた、そこで飽きずにやり続ければ上級者になれる。

上級者になれば、今度は違う景色を見たくなって、
山頂から滑れば、空から降りてきたら、宇宙から見れば...

色んな構想を描く事ができます。

ただただ、滑って滑って滑り倒し続ければ、笑われるし、相手にされないかもしれません。

でも、それに比例して付いて来る自信や向上心は誰も否定できません。

人は、人が超人になり、パイオニアになるその過程を見ずして

「何やってんだ...」や、
「スゲぇ。」だの、「ヤベぇ。」だの。
軽々しく口にします。僕もその一人です。

これからは、そんな挑戦をし続けるパイオニア達を、
まだ未熟な感性と、狭い視野で見守っていきます。

いずれ僕もその一部になれれば!
と、想いを込め、
このすべり台を滑ってみます‼




んんん...一回で飽きました。

どうやら人類の進化には時間がかかるようです。

最後に、このブログが滑って無い事を祈ります。








投稿者: ANDEW

2013.03.16更新

ハワイにて(アフレコ)

又吉:「いやぁしかし、いくら探してもオワフ島には
伝説の勇者、オルテガ・マサトシには会えなかったな奈良⁉」

奈良:「そうですね。
今回こそは足跡を洗い直して、信憑性も高かったんですけどね。やたらとデカイ指紋も採取しましたし。」

又吉:「いや、でも、この数年は決して無駄ではなかった。
心機一転また湘南から始めようぜ…」

奈良:「そうですね。
また一から…
そして、またここに戻って来まま、まま、またっ、
又吉さんっ‼
伝説の勇者オルテガ・マサトシが…てか、後ろ後ろ」

又吉:「んなバカな。
まさかあちらさんから現れるたぁ、そんな虫の良い話が…あぁぁぁぁ」


勇者帰還



投稿者: ANDEW

2013.03.08更新

毎度お騒がせしております。

金曜日担当の又吉です。

先日、ANDEWの壇蜜、奈良さんのカラーリングをしました。

吸収力と毛量が常人離れしてるので若干イラっとしたのですが、

彼女のターバンをした時、それがほぐれました。

もぅ、アフリカのママです。

ラスタです。


何か焼いたバナナみたいのを食べたくなりました。

今度は僕の髪を染めてください。


マタヨシ



投稿者: ANDEW

Facebook